複合機のレンタル業者 = 評判の良いサイトランキング =

ホーム > 複合機情報 > 複合機のリースとレンタルの比較

複合機のリースとレンタルの比較

 複合機と言えば、オフィスには欠かせないOA機器です。ほとんどの企業ではリースが一般的ですが、レンタルも同様の効果が期待でき、かつ、リースよりもお得な場合もあります。価格的な面では機種や契約期間等により、ケースバイケースと言えますが、レンタルで最も魅力的なのは、短い期間でも契約できるところです。
 特に初めて複合機を導入したい場合などではお勧めです。導入してみると、A3が必要だったとか、スキャナが思ったより遅かった、他のメーカーの方が消耗品費が安かったなど、自分にとって必要な機能は使ってみないとわかりません。リースだと契約期間が4~5年間と長い上に、変更するには残りのリース費用を一括で払う必要がありますので、変更したくとも、残りのリース期間を我慢するしかありません。リースでしたら、自社の業務状況に応じて、見直すのが容易にでき、とても便利です。


 複合機をレンタルしてビジネス利用がお勧め

 企業においては社内の会議において使用する資料をコピーしたり、あるいは外部から入手した資料を電子データに変換する必要があります。これらの様々な機能を一台の装置に集約したものが複合機でして、ビジネスにおいて必須のアイテムとなっています。この複合機は年々進化していまして、例えば印刷時に製本まで行ってくれる機能が付与されたり、或いは高速印刷への対応が可能となっています。
 そして企業においては複合機をレンタルにて対応するケースが多くなっています。これはレンタルの方が最新機種を利用出来る点や、あるいはランニングコストも安く対応出来るからです。これらのレンタルサービスを提供している会社は多く有りますので、利用料金やメンテナンス対応など希望に合致する会社を選定する際には比較サイトを活用するなどして検討する事がお勧めです。


 複合機をレンタルするメリットをお教えします

 複合機をレンタルするメリットを知りたい方へお教えします。一つ目は、企業の方や個人事業主の方等、必要な時に使いたい期間だけ使用できる事です。長期のリースの場合、途中で契約を解除したい時、違約金が発生してしまいますが、レンタルの場合にはその必要がないのがメリットです。
 それから二つ目の利用料は、全額損金処理が可能です。複合機を資産計上する必要がなく、全額を経費で計上する事が出来るので、経理的にも処理が簡単です。
 それから三つ目は、維持管理の手間がかからない事です。一括購入の場合は減価償却計算等が必要になったりしますが、その必要もありません。また、固定資産税保険料の支払い事務処理の必要もないので、事務処理が簡単です。また、新品でも中古でも出来ます。そのため、予算に応じて利用できるのも複合機のレンタルのメリットです。

次の記事へ

ページトップへ