複合機のレンタル業者 = 評判の良いサイトランキング =

ホーム > 複合機情報 > 機種によっては割安に期間を気にせず利用

機種によっては割安に期間を気にせず利用

 OA機器をオフィスで利用するとき、一般的には2つの方法が取られます。一つは買い取って自社の資産として使う方法です。
 資産なので減価償却が可能です。購入なので初期費用が掛かりますが、それ以降は会計上の減価償却費がかかるだけです。
 もう一つはリースで、毎月リース料を払って利用します。最近は、資産計上しないといけない会計方法を取る必要があり、以前よりもメリットが低減しています。
 でも初期費用はそれほど掛からないメリットがあります。


 購入とリースの他にレンタルで利用できる場合があります。まだ事業を開始して間もない場合、将来の見通しが立てにくい場合があります。
 購入にしてもリースにしても、長期的に利用するのを前提にしています。借りるだけであれば、場合によっては1箇月のみ借りることも可能です。
 リースのように会計上資産に計上する必要もないので、まさに毎月かかった費用を経費にすることが出来ます。
 複合機 は必要なOA機器ですが、手軽に導入することが出来ます。全く同じものを購入、リース、レンタルして耐用年数一杯まで利用したとすると、最もお得なのが購入になるでしょう。
 トータルでは借りるのが最も高くなります。これは、新品を長期間利用し続けた時の話です。おすすめなのは、割安な機種を借りることでしょう。
 購入などと異なり、中古やリース後の機械などを借りることが出来る場合があります。新品ではありませんが、コピー機能は十分使えます。毎月の使用料はかなり安くなっています。


 購入やリースの場合、メンテナンス費用、トラブル発生時の修理費用の負担が必要です。リースは所有権はリース会社にありながら、メンテナンスは利用者が負担しないといけません。
 借りる場合、メンテナンス費用などは業者が負担してくれます。ですから、壊れたとしても、その費用は必要ありません。
 場合によっては代わりの機械に変えてくれることもあります。業者によってどんなタイプの機械を入れているかが異なるので、ラインナップを見ておいた方が良いでしょう。
 購入は自社保有なのでいつまで利用するかの決まりはありません。耐用年数一杯は使いたいでしょう。
 リースはリース期間内は解約できませんから、こちらも一定期間使い続けないといけません。借りる場合はいつまで利用するかは自由に決められます。
 事業を開始したての場合、数年後に事業を拡大するときに新しい機械を入れたい場合が出てくるかもしれません。その時にすぐに変えることが出来ます。短期的利用に向いています。

ページトップへ